• ホーム
  • マイホームに地下室を作ることはできる?費用や注意点について

マイホームに地下室を作ることはできる?費用や注意点について

きれいな部屋

マイホームを作る時に、地上に建物を建てるだけではなく、地下室を作るという事を考えている方も多いのではないでしょうか。地下という事で、地上の建物とはまた違う使い方をすることが可能になります。狭い敷地に住宅を建てる場合には、特にスペースを多く確保することが出来るというメリットがあります。倉庫代わりに利用するという事も多いですし、防音などに優れているという事もあるので、音楽などの趣味を楽しむ方が使うという事も多いようです。楽しみ方が広がるという事もあります。また、地震などにも強いという事も言えるので、災害対策に設けておくという考え方もできます。

マイホームに地下室を設けるにあたっては、いくつかの注意点があります。まずは避難経路をしっかり確保するという事です。倉庫などとして使う場合に階段などにモノを置いてしまいがちになりますが、それがもしもの時に避難経路をふさいでしまい、命の危険につながるという事もあります。きちんと移動しやすい経路を確保しておき、場合によっては一つの経路がふさがれることも考えて複数の経路を用意しておくという事も必要になります。

さらに、地下ならではの配慮という事も必要になります。特に防水や防湿という点については、地上の建物よりも慎重に考えておく必要があります。その土地の状況や広さなどによっても必要な工事は変わってくることになりますので、費用がいくらかかるかという事は一概には言えません。地下室を設ける場合にはかなりの費用が掛かってくることがあるという事は前もって考えておきたいものです。地上の建物だけを建てる場合の2倍以上費用が掛かるという事もあります。

確かに防水や防湿という事は目に見えにくいものですし、効果がはっきりとわかるものではありません。しかし、きちんと施工されているかどうかによって、長持ちするかどうかという事は異なってくることになります。このようなことを考えて、単に費用が安いところを選ぶという事ではなく、防水防湿などの注意点にきちんと対応して工事してくれるところを選ぶという事も重要と言えるでしょう。便利な地下室ですし、暮らしに大きな影響を与えるところになります。それだけ費用も大きくなってきますので、間違いない選択が出来るように、これからずっと先のことまで考えて設計や工事を行っていくということがマイホームを作るうえで重要なポイントとなってくるといえるでしょう。

関連記事
無理のない計画を立てよう!マイホームのローン計画の立て方 2019年12月20日

マイホームを購入するにあたって、かなり多額のお金が必要になります。現金で購入できるという方は殆どいないでしょうから、大抵の方はローンを組むことになるでしょう。長期にわたって返済していくことになるので、先のことを考えてローン計画を立てていくことが必要になります。今後ライフスタイルがどう変化していくのか...

マイホームを売りに出すときに抑えておくべきポイントとは? 2020年01月06日

マイホームを手に入れたとしても、何らかの原因で売却する必要が出てくることがあります。新しいマイホームを手に入れることもあるでしょうし、収入が減ることでローンの支払いが出来なくなるといったことも影響してくることがあります。住み続けることが亡くなったマイホームですが、場合によってはローンが残ることになり...

これからマイホームを建てるなら参考にしておきたいサイト集 2019年12月05日

新築の家を作ろうとする場合、何か参考にできるものがあれば見ておきたいという方も多いのではないでしょうか。理想の住まいについてのイメージはあっても、実際にどういった物を取り入れることが出来るのか、具体的なところまではイメージを持つことが出来ないという方も多いのではないでしょうか。ここでの選択が今後の長...

子供にマイホームを相続したい!手続き方法や税金について解説 2019年11月15日

マイホームは一時的に利用する物ではなく、これから長期間生活の場となっていくものです。ある程度の年齢になってからマイホームを建てたという場合、自分たちだけではなく、自分たちの子供へと相続するという事も考えておかなくてはなりません。住宅は価値の大きなものとなりますから、どのように分配していくのか、税金は...